植物の成長に喜びを感じる年齢

以前から観葉植物が好きで、サボテンから始まり、
多肉植物や幸福の木などドラセナ系植物、クワズイモなんかも育てています。

春になると新しい新芽や枝葉が出てきてエネルギーを感じますし、
秋になるとサボテンなども花をつけて本当に綺麗なんです。

考えてみると私はけっこうズボラな正確なので、水やりなんて本当に適当なんですが、
長年植物を育てていて思うのは、水のやり過ぎに注意する点でした。

毎日水を与えると、逆に枯れてしまう種類も多いんですよね。
もちろん季節や天候にも影響されるんですけど。

こんな感じで植物と接する日々を送ってきたのですが、
ここ最近、盆栽に興味を惹かれてる自分がいます。

盆栽と言うとなんかまさに年寄りくさいイメージですが、
近頃は20代30代の若い愛好家も増えてるそうですね。

しかも、盆栽って本当に奥が深くて、
一つの鉢を何年も、いや何十年も、
長いものでは人間の寿命よりも長く生き続ける盆栽だってあるんです。

そして、今まで知らなかったのですが、
盆栽はいかに松やつつじ、紅葉などの植物を大きく育たないように操作し、
どちらかというと枯れないようにいじめる手入れが基本なんだとか。
ちょっと説明が難しいのですが、元気に大きくなってしまっては駄目で、
大きくならないように根を剪定して栄養をコントロールしたり、
勢い良く伸びてしまった枝は止めて、来年再来年の枝ぶりを想像しながら
長い目で樹形を作り込んでいくんです。

そして、小さい姿なのに老熟しているのが評価されます。

すごいですよね、盆栽って。
私はもっと地味な手入れ法だと勝手に思っていたのですが、
かなり過激な考え方もあったりしますから。

そんな盆栽の事を知るキッカケになったのが、
私の住む近くに盆栽技能士の方がいてたまたま知り合ってからです。

何十年も育てながら小さく幹は太く、
そしていぶし銀のような年老いた姿をした植物。

その年月を自然の中で普通に育てば、
人間の身長なんて軽く超えていますから。

昨今では違う種の枝や根を接ぎ木して、
言ってみればキメラのような盆栽も多いんだとか。

う〜ん、本気でのめり込んでしまいそうです。。

姿勢と運動の大切さを身にしみる

年齢を経るとどうしても運動は疎かになり姿勢も悪くなってしまいがちです。かく言う私も言うにもれず、運動をする機会も少ないから体力の衰えは毎日感じますし、デスクワークの時間が長い仕事柄、背中が丸くなってしまい、姿勢も悪くなったなと痛感しています。

姿勢や運動は体の血流を良くして、健康への基本と言われますが、まさにそうだと思います。こんな生活をしている私は、全身のダルさや覇気のなさが酷く、仕事だけでなく私生活でもやる気が出ない状態なんです。
そこで最近、椅子に座っていても腰を支えて背筋を伸ばしやすいクッションを購入して使っていますが、これがけっこう良いんですね。座るときの道具も良いものを使わないと駄目だなってそのアイテムを使い始めてから実感しました。

本当は椅子自体も良いものに変えたいのですが、良い椅子は値段も高いのですぐには手に入りません。
だから出来るだけ自分で意識するようにして、姿勢を矯正するように心掛けています。

運動に関しては歩く事が一番良いと言われますから、最近は外に出て少しでも日光を浴びながら車やバイクを使わないように、近所への用事は歩くようにしています。
歩く事が増えると、汗がじわっと出てきますから、少し気持ち悪いようにも思いますが、汗をかくのもデトックス作用が大きく健康にはとても良いとの事。
家に帰ってシャワーを浴びると本当に気持ちがいいですし、健康的な生活の大切さを身に沁みています。

このところ、夏の一番熱い時期なので熱中症にも気をつけなければいけませんが、エアコンに頼り過ぎず、体が動かせる喜びを実感しながらこれからも生きていきたいと思います。

体力の衰えと病気の心配

20代の頃は、結構実年齢よりも老けてというか、大人っぽく見えていたみたいで早く30代になりたいと思っていました。でも最近になって特に思うのはやはり歳を取りたくはないという思いです。それは顔が老けてきたという事だけではなく、体力の衰えや体の至る所で若い頃何でもなっかった場所が思うように働かなくなってきているということです。まず顔についてですが、若い頃は確かに実年齢よりも老けて見えるという感じはあったと思いますけど、まだ顔の皮膚自体に張りがありました。当然しわなんかもありませんでした。しかし現在では口元の周りに何となくしわが出来てきて顔全体が垂れ下がってきたように感じます。目元なども小さいしわが多く出来、20代の頃の写真と比べると、大人になって貫禄がついたという人もいますが、自分では又20代の頃に戻りたい気分です。その他に衰えを感じるのはやはり体力です。40代前半までは1年くらい運動せず、いきなり走ったとしてもまだ20代の頃とまではいきませんが、それなりに体が軽かったのですが、今ではちょっと運動しないと軽いランニングすらきつくて出来ないほどに体力が衰えてしましました。力のほうも昔は腕立て伏せなどは100回くらいかるくこなしていましたが、今は20回程度やっただけで肩が痛くて外れそうに感じる事もあります。それと体重ですが、以前はどれだけ食べても身につかず、もっと体重が欲しいとおもっているのに増えませんでした。でも今は食べた分だけ身についてしまい、60キロだったものが僅か数年で80キロにまで膨れ上がってしまったのです。ダイエットをしようと思って、軽いランニングなどを取り入れていますが、20キロの体重増加は継続意欲をも奪ってしまいます。1日走ると次の日は体のあちらこちらが痛くて走れなくなってしまう状況です。あとは病気関係の心配ですが、幸いな事に今の所病気はしていませんけどさらに10年後はどうなるか分かりません。今のうちから健康には十分に気を付けて長生きしたいと思います。

50歳を過ぎると急激に体にガタが来て

50を過ぎると急激に体のあちこちにガタがきて、嫌でも「老い」というものを感じさせられる機会が多くなりました。老眼は40半ばくらいから、気が付くとなっていたという感じだったのですが、ここにきて加速度を増して老眼が進んでいます。しかも老眼で近眼なので、新聞などを読むとき近すぎても見えない、離し過ぎても見えないという状況になり、面倒で仕方ありません。また、最近やたらと足の指を物にぶつけることが多くなりました。椅子にガッ、壁の角にガッ、終いには歩いている床にガッとやる度に、「あぁ、年と共に足が上に上がらなくなっているんだな」と思い知らされます。それは体力、筋力が落ちているということ。まさに老化そのものですね。
以前から腰痛持ちではあったのですが、これも年々ひどくなっていますし、立ち仕事が長時間出来なくなってしまいました。家事の合間に休憩を入れないと、腰が痛くて立っていられなくなり、しばらくソファで横になってからまた家事をするということが多くなってきたのですが、なんとも間が悪いことにソファで横になっている時に限って、その姿をよく夫に見られてしまうんですよねぇ。すると「こいつまた何もしないでソファでダラダラしてんな」と思われるわけですよ。更年期も始まる年代ですから、今までとは違う体の不調も多くなってきました。少し労わるような気持で広い心をもって接してくれるとありがたいのになぁなんて思ってしまいます。ただ、他人には体の不調はなかなかわかってもらいにくいので、「キツイな」「痛いな」と思った時は、我慢せず口にするようになりました。そうしないと、頑張りすぎて余計に体調が悪くなり家族に迷惑をかけてしまうからです。目、肩、腰、膝、それぞれ年齢による不具合の波がジワジワと押し寄せておりますが、これ以上の悪化だけは避けたいと願っているところです。

老眼がここ最近で一番のショックな加齢の変化

40代になって一番ショックな出来事は、視力の低下、しかも老眼が始まった事です。
若い頃は「老眼」と聞くともう年寄りだなってイメージしかなかったのですが、実際に自分がなってみるとこれほど悲しい事はありませんでした。
確かに少しずつ新聞などの細かい文字が見えづらくなって来てたので、目も体と同じように体力的に衰えるのかななんて考えていたのですが、これが老眼の予兆だったのかもしれません。
生活や車の運転に支障が出るので仕方なく老眼鏡を一つ買いましたが、元々裸眼でも目が良い方ではなかったので、遠近両用のものを用意しました。
遠近両用メガネは初めてだったので、レンズの下の老眼用が通常の生活でも視界に入ってしまい、慣れるまで目が疲れやすく眼球の周りが凝る感覚が良くありました。
あまりに精神的なダメージを感じてたので、老眼が回復するような良いものが無いかいろいろ調べてみると、アントシアニンというポリフェノール成分が老眼に効くなんて口コミを見掛けたので、アントシアニンが豊富にあると言われるブルーベリーのサプリを飲み始めました。
でも結局、健康食品サプリだから思ったほど効果を感じられず、何か良いものはないか探していたら、沖縄の紅イモを使った国産サプリが評判だったので注文したところ、これが思ったよりも経過が良いんです。
何でも紅芋はブルーベリーの約4倍ものアントシアニンを持っているそうですし、さらにフコイダンとルテインの目に良い成分も配合されているところも、私の実際に使ってみた感想が良かった要因かもしれません。
紅芋サプリは沖縄の国産原料
口コミを見ていたら「老眼にも効果があった!」なんてコメントもあるくらいなので、これからも根気よく続けたいと思っています。値段もお手頃だし1日1粒で良いから、視力に年齢を感じる方におすすめです。

急に体を動かすと筋肉がつってしまう

運動量が減ったせいで、急に体を動かすとすぐに筋肉が攣ってしまう。例えば、職場でゴミをゴミ箱に投げ入れたがこぼれてしまい、コピー機の下に入り込んでしまう。体を屈めて腕を伸ばしゴミを拾おうした瞬間、腕が硬直し激痛が走る。その痛みは1分ほど続き、痛みがなかなか引かない。また、寝ているときに寝返りや背伸びをしたとき、今まで攣ったことがないようなところ(土踏まずや背中)が攣ってしまう。また、子供たちと徒競走をしたとき、走り終わって一時してから気分が悪くなり吐き気を催す。脂汗が出てきて動けなくなる。回復するまでかなりの時間がかかる。仕事では、外回りの営業の時は、足より腰が痛くなる。重いものを持ち上げたときのぎっくり腰もある。ちゃんとマッサージをしてもらわないと翌日の仕事に差し支えが出るほど翌日まで痛みが残ったりする。あとは、視力がかなり悪くなってきている。仕事でパソコンをよく使うが、小さくて赤い文字が見えなくなってきている。それ以外では、寝汗がひどくなってきている。特に頭。更年期になるとよくある症状だといわれたが、年のせいだと感じる。また、家族旅行で長距離運転したときの膝の痛み。若かったときは感じなかった痛みを感じることがある。最後に何よりも感じるのは、記憶力。仕事では、商談中に相手の話を聞きながら自分の話することを組み立て、順序よく的確に話を進めていかないといけないのだが、相手の話を聞いているうちに自分の考えていたことを忘れてしまい、余計な時間をかけてしまうことが出てきている。また、契約関係の書類を整理するのにも要領が悪くなってきて少しずつ時間がかかるようになってきている。プライベートでもついさっきまで考えていたことを忘れてしまい、思い出すのに時間がかかる。年を取るととにかく不都合が出てくるので困る。

歩きが遅くなって老化を実感

53歳の主婦です。

自分が急速に老化しているって実感したのは、歩くのが遅くなったことに気づいた時です。
もう、5、6年前のことでしょうか。
当時中学生の娘と外を歩いていると、徐々に遅れるようになりました。
「そんなに急いで歩かないで」と私が声をかけると、「急いでないんだけど」と言いながら、立ち止まって待ってくれるようになりました。
今では、娘の方が気を使って歩く速さを合わせてくれます。

あと、ここ1、2年は、長時間座っていると、立ち上がる時に、ひざや腰がこわばる感じがするようになりました。
座るって言っても、もちろん正座じゃありません。
最近では、椅子に座っていても、こわばりを感じることがあります。
だから、そろそろグルコサミンやコンドロイチンのお世話になる時期が来たのかもしれない、と、思うようになっています。

気がつくと、階段を降りる時も何となく慎重になっています。
数年前までは一段置きに飛ばして駆け下りる、なんていう芸当もできたのですが…。
今では、目で降りる位置を確かめながらでないと、降りられません。
特にヒールのある靴を履いて大きな荷物を持っている時は、ゆっくりでないと降りられません。
電車に駆け込み乗車したい時も、あきらめるようになりました。

足腰についで気になるのは、老眼です。
私はもともと視力が良く、若いころからずっと裸眼で生活してきました。
でも、45歳を超えるころから、夕方になると目がかすむようになりました。
その後だんだん近くを見るのが辛くなって来て、ついに3年前に老眼鏡を買いました。

近視も乱視も程度が軽いため、老眼だけの眼鏡を作ったのですが、未だに眼鏡をつけることに慣れることができません。
よく、その辺に置きっぱなしにしてしまいます。
それに、読書や手芸用の位置にピントを合わせたので、料理やアイロンがけの特には、眼鏡をかけるとかえってぼけてしまうのです。
「老眼鏡さえ使えば生活の不便さはなくなる」と思っていたのに、当てが外れました。
この先老眼ももっと進んでくるんだろうと思うと、憂鬱です。

背中や肩や首の凝りから眼の疲れ

現在48歳女性ですが、身体でどこが一番辛いかと聞かれたら、背中や肩や首が年中凝っています。そこから来るのでしょうが眼も疲れます。パソコンを長く使っているとショボショボして来ます。肩は美容院で少し揉んで頂いただけでも、とっても気持ち良くて、凝っている事を日々実感していますし、首は時々回していますが、首の中でごりごり言います。それとオートバイに乗っているのですが、以前は転倒したりする事もそんなに無かったのですが、ちょっとした段差やカーブ等で簡単に転倒したりする様になってしまって衰えて来てしまったのかなとショックだったりします。
私は子供は3人産みまして、その時に実家のお世話になったりせずに、家事を必要以上に色々と頑張ってしまったので、それは後になって身体の不調になって出るよと言われていましたが、何となくの身体の不調はその時の無理が出て来ているのかなとも思います。幸い前職がスポーツクラブでの勤務で、自由にジムを使う事が出来ましたので、有酸素運動や色々な筋トレは5年位やっていましたし、今でもラジオ体操やジョギングを続けている成果で、体系はキープしているのでそこは大丈夫ですが、何となく夕方になると、疲れた顔になってしまったり首こり、肩こりは日常的に有りますし、傷や怪我、虫刺され等が治りにくかったり、筋肉痛が長引いたり、寝違えた首がずっと痛かったり、毎月有った生理が段々不順になって来たりと、病院に行ったり、他人に言ったりする程でも無い様な不調は、悲しいかな、徐々に身体に出る様になって来ています。口には出したくないので出しませんが、自分なりに徐々に衰えて来ているのかなって密かに思っています。
でも身体の不調や衰えを歳のせいにはしたくないので、自分が出来る努力は色々とやってはいますので、身体の衰えや不具合を感じないような年齢の重ね方をしたいなと常々思っています。

色白がくすんで大きなシミも出てきた

 まず外面的な衰えですが、若い頃はけっこう色白で肌がきれいなほうだったのですが、年齢とともに全体的にくすんで暗くなり、大きなシミもでてきました。また、体全体的に肌の張りがなくなり、たるんできてしまいました。そして、もともと若白髪の傾向はあったのですが、だんだんと加速し、今ではおそらく半分以上が白髪のため、ヘアカラーがかかせなくなってしまいました。
 また、体の内部の衰えとしては、40代に突入したころから、定期的に胃もたれが起きるようになりました。若い時にはそんな症状があっても2、3日で回復したのですが、最近では数週間続くこともあります。そのせいか、食べる量は若い頃よりは減り、特にこってりした料理はそれほど食べられなくなりました。おかげで、ダイエットをしなくても痩せたのは良かったのですが・・・胃もたれが続くときには、薬を飲むと癖になって効かなくと見聞きしたので、重曹を飲んで対処しています。コーヒー・ワインが大好きですが、調子が悪くなると少し量を控えます。でも、少しでも改善するとすぐ元に戻してしまうので、その繰り返しになってしまいます。
 そして、腰、肩、首など整形外科関係が弱くなってきています。以前に画像で診断していただき、それぞれ椎間板がすりきれているとのことでした。ですから、長時間中腰の姿勢でいることはNGですし、ちょっと変な姿勢をとると腰を痛める危険があるので、少しでも痛みを感じたら、すぐにバンテリンなどをつけるようにしています。また、冬になると首から肩、腕にかけてコリコリになってしまい、痛むこともあるので、カイロを貼って温めることが欠かせません。若い時には一回でもマッサージをしてもらえばかなり良くなったのですが、最近ではそんなものでは効きません。
 最後に、私の唯一の運動は、歩くことですが、最近では帰り道で自宅に近づく頃には、さすがに若い時よりも疲れを感じてしまいます。まだ若いと思っていても、じわりじわりときているものですね。

体がダルい・節々が痛む更年期障害が現れ

50才を過ぎると、さまざまな更年期の症状が現れるようになりました。体がだるいとか、節々が痛むというようなことはあまりありませんでしたが、喉元に違和感が出るようになりました。これも更年期症状のひとつのようです。ストレスを強く感じると、症状が出るように思います。事の発端は、かかりつけの内科で、甲状腺にしこりがあるので検査が必要だと言われたことです。そのように言われるまでは、特に自覚症状はありませんでしたが、言われたことが強いストレスだったのか、首を絞められているような喉の違和感を感じるようになりました。甲状腺の検査では特に異常はなかったのですが、その後喉元の違和感だけが残ってしまいました。そして今度は耳鼻咽喉科に行くことになりましたが、その耳鼻科の先生は、ストレスで喉元に違和感が出るという症状に理解があり、適切な漢方薬を処方してくれました。その漢方薬を飲むと症状は軽減されますが、飲まないでいるとまた症状が出てくるので、あまり気にしないように過ごしていたら、今ではそういった症状があまり出なくなりました。
50台半ばにさしかかると、今度はひどい腰痛に見舞われました。この時は高齢の親を看取るなどして、心身の疲れが出たのではないかと思います。普段の生活に支障が出るほどではありませんでしたが、座ると痛みがひどくなるので、自動車に乗ったり掃除をしたりすることが大変でした。この時は、整形外科に行って痛み止めと湿布を処方してもらいましたが、それでは根本的に治らないような気がして、整体に通い始めました。整体で体の歪みを矯正してもらうと、症状は少しずつ改善していきました。今では整体で姿勢や歪みを改善していくことで、体調が維持できているようです。