月別アーカイブ: 2018年4月

キックボードが楽しいと思えるのは若さかも

最近はキックボードって乗り物が流行っていますよね。
実は私の子供たちもキックボードを欲しがり、買ってあげました。そして私も乗ってみたんです。

これ、とても心地が良いんです。

考えてみれば最近は自転車もあまり乗っていませんし、風を切って走る感覚がほとんどなかったんですよね。それがキックボードで感じることが出来たんです。
見た目は難しそうに見えますけど、やってみるとけっこう簡単で、すぐに乗れるようになりました。私もまだまだ捨てたもんじゃないなって。

でも、うちにあるキックボードはブレーキが付いてないんです。子供曰く、ほとんどのものが付いてないらしいんだけど、スピードはかなり出るから、ブレーキくらい欲しいなって思いました。でも子供たちは「無いのがかっこいいんだよ」だって。。

あともう一つ良かった点。
なんというか、子供と同じ事をするってとても良いなって。
親子の繋がりが実感できるし、しかも若々しく感じられます。
考えてみれば私が子供の頃、親に思ったことを、今度は私が親として経験してる。「年甲斐もなく何やってんのよ」なんて言いながら楽しかった記憶。

最近は、子供に危険な遊びや道具なんて何でも括って、こういうキックボードだって危ないって言われることもあります。
でも、危ないことするかどうかは子供次第で、さらには親の教え次第だなって思います。そして私が子供の頃もやっぱり、こういう遊びや乗り物が楽しかったんですよね。

そんな事を思った春を感じる1日でした。