月別アーカイブ: 2018年6月

子供の虐待や事件は胸が苦しくなる

どうしても頭から離れなくて、今日はこんなことを書いてます。

どうしてこう、子供達の虐待や事件がなくならないのでしょう。
話を聞くだけで胸が苦しくて呼吸がしづらくなります。

私も子を持つ親として、我が子の成長は大変なこともあるしそれ以上に幸せがあると日々感じています。
それなのにそういう犯罪をする大人は、何を思って生きるのでしょう。
昨今では自分の子供もいる容疑者の事件も聞く。
実際に有罪になったわけではまだないので、犯罪者扱いするわけにはいきませんが、
もし本当に犯罪を犯したのであれば、自分の息子になんて説明するつもりなのでしょう。
いや説明なんてできるわけないです。謝っても謝っても許されないことですから。

私はこんなブログを綴っていますけど、
年齢を重ねることにネガティブな感情がないと言ったら嘘になります。
でも、そんな犯罪の犠牲になった子供達からすれば、
こんなに人生を生きる私は申し訳なくて言葉も出ない。

本当に、本当に、こういう犯罪が全くない世界になればいいのに。
こんなにたくさんの人間がいる世界、
私の子供達だってどんな危険が迫るか分かりません。
愛を与え、受け入れられる大人に育って欲しいと、改めて強く私の心に刻んだ日でした。

歯ブラシと歯磨きの定説が崩れる

皆さんは歯磨き、どのように行ってますか?
「そりゃ、歯ブラシでゴシゴシと」って思いますよね。

でも医療や健康に関する情報って日々新しく刷新されていて、
そんな新しい波が歯磨きにも訪れていました。

歯磨きって食後すぐは良くない。

う〜ん、私が子供の頃は食べたらすぐに磨きなさいって口を酸っぱく言われたものですけど、
時代とともに常識はどんどん変わっているようです。。
何でも昨今では、食後30分以内には磨かない方が良いのだそうで、
食後の口の中は酸性に傾くのでそれを唾液が中性にバランスを取ってくれるから、
すぐに歯を磨くと、そのバランスを崩してしまうそうです。

そうなると歯の表面が溶けやすくなるとかで、
知覚過敏や歯周病といった病気になりやすいみたい。

は〜。
なんか、今までの歯磨きって何だったんだろうって思っちゃいます。。

年齢とともに唾液の出方は悪くなるみたいだし、
歯周病なんて歯をダメにするだけじゃなくて、口臭何かの問題も起こって来ますからね。

そして何より怖いのが糖尿病。3大成人病の一つですね。
どうも歯周病と糖尿病も相互関係があるそうですから、
歯周病かもしれないって思ったら、歯医者さんに通ってしっかり治すことをお勧めしますよ。

次に磨き方。

昔は歯ブラシしかなかったのに、
今では歯間ブラシと糸ようじも一緒に使うようになっています、私。

これは行きつけの歯科医さんに勧められたのですけど、
歯の汚れは歯ブラシだけではしっかり落ちないんだって。

それが歯間ブラシと糸ようじでしっかり掃除できて時間短縮にもなると言われました。

だから、昔は歯ブラシだけ持ってリビングでくつろぎながらの歯磨きタイムが、
道具が増えたせいで洗面から離れなれなくなってしまいましたよ。。

なんか、社会や会社が規制や規則でどんどん窮屈になっていく現代、
歯磨きの世界までも窮屈になってるじゃないかと、変に憤るのでした。
そんなこと思いながら、歯周病は怖いので、しっかりと歯磨きはやってます。。