一日中ハイヒールが無理

ほとんど一日、外に出ない日が多く、やはり体力不足は感じます。以前ならハイヒールをはいて一日中駆けまわっていたのですが、とてもそんなことは無理です。それどころか、途中で気分が悪くなったらどうしようと心配で、ひとりで出かけるのが怖くなりました。
わたしは幼い頃から車酔いしやすいのですが、これが40歳を過ぎたころからひどくなり、ちょっとしたことで吐き気が出るようになってしまいました。実際に吐いてしまうこともしばしばです。たとえばバスにのっていて気分が悪くなって途中下車してしまったり、お風呂で気分が悪くなって吐いてしまったり、ひどいときには寝ていて気持ち悪くて目がさめてトイレで吐くこともあります。おそらく更年期障害もあってなんでしょうが、こうなると自分の体力に自信がもてません。外出がとても億劫になりました。
外に出ないせいで運動不足になり、体重も増加してきました。以前着ていたブランド服など、ことごとく着られません。靴もだめです。ますます外出が嫌になりました。正直いって、これほど生活が変わるとは思ってもみませんでしたね。
ただし、今年に入ってからだいぶ体調は落ち着いてきました。天気のよい日はなるべく近所まで歩いて買い物に出るようにしていますし、お風呂で気分が悪くなることも今のところありません。更年期障害が落ち着いてきたのかな、とよろこんでいますが、これから暑くなるにつれ心配なこともあります。
毎年、夏の暑さがとても辛いのです。明らかに家族のだれよりも暑がりなので、夏は嫌ですね。去年の猛暑では旅行先で具合が悪くなり、ホテルの方にも迷惑をかけました。家では24時間エアコンかけっぱなしです。少しでも温度が上がると頭痛と吐き気がしてきます。今年の夏は冷夏でありますように、と、祈るばかりです。