4、5年前から老眼が始まり

本を読むのが趣味な私ですが、最近はその楽しみもなんだか疲れてしまうようになりました。というのも、ひとつには視力の衰え。4、5年前から老眼がはじまり、今はあまり度が強くない老眼鏡を使っていますが、もともと視力が良く、メガネに慣れていない私にとっては煩わしいし、すぐに目が疲れてしまうのです。かと言ってぼやけた字を目を細めて見ているにも限界があり、いやいやメガネで読みますが、ちょっと読んでいるだけ、目の疲れからか頭痛がしてきてしまうので、あまり長い時間読めなくなってきてしまいました。年齢による不具合といえば、読書に関してはこれだけではありません。ページがめくれない!これは指の水分・油分が減ったせいなのでしょうか?!切手を貼るときに使うようなスポンジに水を含ませた物を傍らにおいて読む始末です。あとは、ちょっと真剣に読んで、うっかり同じ姿勢で長時間いたりすると、腰がえらいことになります。固まったように動けなくなり、痛みに四苦八苦。やっと立ち上がれてもしばらくはまともには歩けません。なるべく気をつけて途中で姿勢を変えたり、軽く運動したりするようにしていますが、集中して読めません。体の痛みといえば、腰痛だけではありません。散歩も好きでよく歩くのですが、最近、歩いていると膝の関節がなんだかシクシクするようになってきて、特に階段を下るときが痛みます。前から膝を曲げるとポキポキ音がしていましたが、関節の痛みは最近になってからですね。鏡に映してみると、あれ、こんなに脚って曲がっていたっけ?と、なんだか脚がくの字になっている気がします。まさかもう変形してきている?!筋肉が衰えると骨が変形するらしいが、まさかそこまで進行している年齢ではないと思いますが、膝に筋肉をつけるべく、ジムでトレーニングを始めたところです。