老眼がここ最近で一番のショックな加齢の変化

40代になって一番ショックな出来事は、視力の低下、しかも老眼が始まった事です。
若い頃は「老眼」と聞くともう年寄りだなってイメージしかなかったのですが、実際に自分がなってみるとこれほど悲しい事はありませんでした。
確かに少しずつ新聞などの細かい文字が見えづらくなって来てたので、目も体と同じように体力的に衰えるのかななんて考えていたのですが、これが老眼の予兆だったのかもしれません。
生活や車の運転に支障が出るので仕方なく老眼鏡を一つ買いましたが、元々裸眼でも目が良い方ではなかったので、遠近両用のものを用意しました。
遠近両用メガネは初めてだったので、レンズの下の老眼用が通常の生活でも視界に入ってしまい、慣れるまで目が疲れやすく眼球の周りが凝る感覚が良くありました。
あまりに精神的なダメージを感じてたので、老眼が回復するような良いものが無いかいろいろ調べてみると、アントシアニンというポリフェノール成分が老眼に効くなんて口コミを見掛けたので、アントシアニンが豊富にあると言われるブルーベリーのサプリを飲み始めました。
でも結局、健康食品サプリだから思ったほど効果を感じられず、何か良いものはないか探していたら、沖縄の紅イモを使った国産サプリが評判だったので注文したところ、これが思ったよりも経過が良いんです。
何でも紅芋はブルーベリーの約4倍ものアントシアニンを持っているそうですし、さらにフコイダンとルテインの目に良い成分も配合されているところも、私の実際に使ってみた感想が良かった要因かもしれません。
口コミを見ていたら「老眼にも効果があった!」なんてコメントもあるくらいなので、これからも根気よく続けたいと思っています。値段もお手頃だし1日1粒で良いから、視力に年齢を感じる方におすすめです。